1. ホーム
  2. 国内外のニュース/情報>
  3. 記事情報>
  4. 2021年>
  5. 本法人の松波弘之会長、藤平龍彦理事が、ISPSD 2021において、Hall of Fameのメンバーに選出されました

国内外のニュース/情報

本法人の松波弘之会長、藤平龍彦理事が、ISPSD 2021において、Hall of Fameのメンバーに選出されました

ISPSD(International Symposium on Power Semiconductor Devices and ICs)は、パワー半導体の進展を議論する国際シンポジウムで、当該分野において最も権威及び伝統のある学会です。

今年もパワー半導体に関する最先端の学術・技術を議論する場として、ISPSD 2021が名古屋を中心にVirtual Conferenceとして開催されました。

その会議で、本法人の松波弘之会長と藤平龍彦理事が、Hall of Fameのメンバーに選出されました。

Hall of Fameへの選出は、パワー半導体の進展において顕著な貢献・業績を残した研究者・技術者に送られる最高の栄誉で、今年のISPSD 2021では新たに3名の方がメンバーとして選出されました。

そのうちの2名が松波会長と藤平理事で、会議のホームページには、松波会長のご業績は「Contributions to the developments of silicon carbide epitaxial technology and wide bandgap power semiconductor devices」、藤平理事のご業績は「Contributions to superjunction power semiconductor technologies and industrialization of power semiconductor devices」と紹介されております。

会員の皆様と共に、お二人の今回の栄誉をお祝いしたいと思います。

https://ispsd2021.com/fame.html