1. ホーム
  2. 国内外のニュース/情報>
  3. 記事情報>
  4. 2018年>
  5. 空飛ぶクルマ研究ラボ代表が語った、実現に向けた3つの課題

国内外のニュース/情報

空飛ぶクルマ研究ラボ代表が語った、実現に向けた3つの課題

2018年12月13日

「空飛ぶクルマの実現には、包括的なシステムデザインが必須」――。慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント(SDM)研究科教授で、空飛ぶクルマ研究ラボ代表の中野冠氏はこう訴えた。同氏は、航空宇宙分野の展示会「国際航空宇宙展2018東京」(2018年11月28~30日、東京ビッグサイト)と併催した「空飛ぶクルマ・シンポジウム」で講演し、空飛ぶクルマの課題について語った。

出典:日経XTECH

https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/01405/?ST=nxt_thmdm_powerele