SiCアライアンスの紹介

財団法人電力中央研究所

研究機関・団体の紹介

【HPアドレス】 http://criepi.denken.or.jp/

 電中研は、電気事業に必要な研究・技術の開発と、これらを通じて産業や社会の発展に寄与することを目的に昭和26年に設立されました。21世紀の今日では、「地球温暖化問題への対応」と「エネルギーセキュリティの確保」が世界の大きな課題になっています。これらの課題解決に向けて、電中研は「原子力技術」、「電力安定供給技術」、「環境・エネルギー利用技術」を研究の3本柱として、国や諸研究機関、企業などと連携し、社会に貢献する研究を進めています。この中の「環境・エネルギー利用技術」を構成する「電化、省エネルギー技術」として、「低損失SiCパワー半導体」に関する研究開発を行っています。特に、電力安定制御用の超高電圧SiCデバイスを実現可能とするためのSiC単結晶の低欠陥化、高速成長・厚膜化に取り組んでいます。

 

SiCアライアンスへの参加の趣旨・期待

 電力安定制御用の超高電圧SiCデバイスの開発、実用化には、結晶成長技術やデバイス技術以外にも、様々な要素技術の開発、高度化が必要となると予想されます。これらの要素技術の構築に向けて、SiCアライアンスが、周辺技術分野も含めた広範囲の技術分野の方々の情報共有や相互理解、連携の場となることを期待しています。